バストアップに欠かせない女性ホルモンを増やす方法|セルフチェック付き

更新日: / 公開日:

女性ホルモンとは?

女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンの2種類があります。
この2つのホルモンは、生理周期に合わせて、絶妙なバランスを保っているのです。

出典:レディーズプエラリア効果

少しでもこのバランスが乱れてしまうと、体調などに大きな悪影響を及ぼすこともあります。

エストロゲン

主に、乳腺を増やす働きがあります。月経~排卵までの卵胞期に分泌量が活発になり、肌のハリ、艶、バストアップに効果が期待できます。

プロゲステロン

主に、乳腺を発達させる働きがあります。排卵後~月経前までの黄体期に分泌量が活発になり、妊娠の維持、乳腺を形成してくれるのです。

女性ホルモンはバランスが大切!

例えば、エストロゲンだけが過剰に分泌してしまうのは、乳がんや子宮がんのリスクが高まる恐れがあります。そこで、このリスクを軽減する働きがあるのが、プロゲステロンなのです。女性ホルモンが不足すると、無月経になったり、イライラ、むくみ、高血圧などと言った、更年期障害に近い症状が出てしまい、不調を起こすこともあるのです。

つまり、不足しても過剰過ぎるのもNGで、バランスが崩れないよう女性ホルモンの種類によって優劣に合わせて摂取するのが大切なのです。

女性ホルモンが増えると胸が大きくなるのはなぜ?


乳腺の周りは、脂肪で囲まれており、1:9の割合で付いていると言われています。
女性ホルモンが増えることによって、乳腺が増えます。そうすると、乳腺を守る脂肪が増えていきますので、バストが膨らむということです。

女性ホルモンは30代から下降する!?

女性ホルモンは、10歳頃から分泌され始め、20代後半~30代前半がピークとされています。そして、30代後半から減少し始めるのです。
また、閉経後の45~55歳頃には急激に女性ホルモンは減少します。

出典:妊活ザクロ屋

女性ホルモンをキープするためには、早めに生活習慣を見直すことが大切です。

女性ホルモンのセルフチェック!

簡単に自分でもチェックすることができます。自分は何個当てはまっているのか数えてみてください。

  • イライラする
  • やる気がでない
  • 運動をしない
  • タバコを吸う
  • コーヒーや紅茶を1日5杯は飲む
  • お風呂はシャワーのみ
  • 睡眠時間が6時間以下
  • 判断力が落ちてきた
  • 便秘がち
  • シワ増えた
  • 肌がかさついている
  • くすみやシミが気になる
  • 顔がほてる
  • 月経周期が乱れている
  • 疲れやすくなった
  • 手足が冷える
  • 頻尿気味
  • 髪にハリがない
  • 白髪が増えた
  • 口が渇く
  • 目がかすむ
  • 肥満気味
  • 爪がもろい
  • 肩がこる

6つ以上当てはまる人は、着実に女性ホルモンが低下しています。
日頃の生活を見直すことで、女性ホルモンの減少を抑えることができるでしょう。

女性ホルモンを増やすためには?

    日頃の生活を見直すことで、女性ホルモンを増やすための行動もとれますよ。

    食事

    バランスの良い食事を摂ることを意識してください。その他、豆類は女性ホルモンである「エストロゲン」の働きとよく似ている、イソフラボンが含まれています。また、かぼちゃに含まれている「ビタミンE」も大切です。なぜなら、女性ホルモンの分泌の中枢とされている「脳下垂体」や「卵巣」にはたらきかけてくれますので、ホルモンの分泌をコントロールしてくれるからです。

    ツボ

    「壇中(だんちゅう)」というツボを軽い力でプッシュしましょう。このツボは、左右の乳首の真ん中に位置するツボです。ここを押すことによって、女性ホルモンの分泌が活性化されます。

    運動

    バスト全体を支えている、大胸筋を鍛える運動を取り入れてみましょう。そうすることで、バストの位置が上がりますので、バストアップにつながります。

    マッサージ

    背中・脇のお肉をバストに持ってくるようにして、マッサージしてみましょう。毎日継続して行うことで、背中・脇のお肉がバストに定着し始めますよ。

    サプリ

    バストアップサプリの中でもオススメなのが、「プエラリア」を含むサプリメントです。女性ホルモンを活性化してくれるのですが、過剰に摂取してしまうと、ホルモンバランスを崩す可能性もありますので注意が必要です。

これらは日々の生活に簡単に取り入れられるはずです。
少し工夫して過ごすことが、女性ホルモンを増やすことにつながるのです。

女性ホルモンを低下させないために気をつけること

  • ストレスをためない
  • 過度なダイエットはしない
  • タバコは吸わない
  • 夜更かししない
  • ジャンクフードばかり食べない
  • 体を冷やさない

中にはついついこれらのことが当たり前になってしまいがちな方も、いるのでは?
生活全体を見直してみましょう。

まとめ

バストアップを叶えるために、欠かせない女性ホルモン。
女性ホルモンを増やしたいのであれば、質のいい生活を送れるように工夫しましょう。

バストアップ情報 人気記事

  1. 5分でわかる!ナイトブラの必要性とメリット・デメ...

    ナイトブラの必要性と役割 昼間はブラをしているけど、寝るときはノーブラという人も...

  2. ブラジャー研究家に学ぶ!カップ・アンダーサイズの...

    こんにちは!ブラジャー研究家の青山まりです。   美しくバストアップしたい方も、ボデ...

  3. ナイトブラっていつから使えばいいの?効果的に使い...

    バストはどうやって成長していくの? バストとは一体どのように成長していくものなの...

  4. ブラジャーの正しい着け方|美胸にみせるマル秘テク...

    こんにちは!青山まりです。 バストアップをするために一生懸命セルフでバストアップマ...

  5. ナイトブラから乳首やバストがはみ出してしまう原因...

    乳首やバストがはみ出る原因 まず、乳首やバストがはみ出てしまう原因を知ることが大...

商品レポート 人気記事

  1. バスティーメイクナイトブラの悪い口コミ&良い口コ...

    近頃ナイトブラを着用している女性が増えてきており、様々なメーカーからナイトブラが発売されて...

  2. 【検証結果】VIAGE(ヴィアージュ)ビューティ...

    こんにちは。バストアップ美学編集部です。 今回当サイトで口コミ評判を徹底...

  3. 【赤裸々レポ】トュルーアップはオバ胸に効果的?!...

    年を重ねるにつれて、だんだんと下へ下へと引っ張られるように垂れ下がるバスト。 ...

  4. 【画像付き】ボンボンボロンのバストアップ効果はい...

    みなさんは、「ボロン」というバストアップ成分をご存知でしょうか? 副作用が心配さ...

  5. エクスグラマー購入前に知っておきたい悪い口コミ&...

    バストが小さいことにコンプレックスを抱えている女性を中心に人気を集めているナイトアップブラ...

胸に関する悩み(Q&A)人気記事

  1. バストトップ(乳首・乳輪)を自然なピンク色にする...

    【Q.】お恥ずかしいお話になるのですが、バストトップ(乳首・乳輪)の黒ずみがずっとコン...

  2. 卒乳後は老け胸に?!ハリを取り戻すための出産後の...

    女性の人生の中で一大イベントともいえる「出産」。 命がけの出産を終えて、ようやく待ち...

  3. 胸周りや背中のニキビは「カビ」が原因!?正しい改...

    胸周りや背中に、赤く“ぷくっ”と腫れた「ニキビ」ができた経験はありませんか? 目...

  4. ピンキッシュボーテ画像付きレビュー&口コミ評判を...

    「乳首、ブラジャー跡、くるぶし、脇、Vライン、デリケートゾーン…etc」などあらゆる箇所の...

  5. 青山まりの『心も身体もハッピーでGO!』第11回...

    こんにちは!ブラジャー研究家の青山まりです。今回は、「産後ボディケア」について学びます。出...